So-net無料ブログ作成

澪ペーパー オリジナルノートを買ってみた

ふらーっといつもの文房具屋さんに行ったら、「澪ペーパー オリジナルノート」なるものが置いてあったので購入してみました。何でも、開店130周年記念の商品と言うことです。

この「石丸文行堂」というお店は、長崎に本店があるローカルなお店のため全国的知名度はあまりないと思いますが、今年3月に扶桑社から出版された「文房具屋さん大賞2013」の中に出ていたお店です。

今思い返しても、何故そんな雑誌に、審査員として登場したのかヾ(・ω´・*)マテマテ

DSC02987.jpg

反射で見えづらいというwこちらが表紙になります。木を焼いた感じというか、ざっと黒のペンキを塗ってムラがある感じというか、そんな感じの表紙になっています。結構いいデザインだと思います。

表紙には、左上に「Ishimaru」の文字が。

DSC02990.jpg

右下には「130th Anniversary」の文字があるのみ。シンプルです。

DSC02989.jpg

 

裏表紙は、木版画調。表紙と一転して、結構派手な印象です。ただ、このデザインが表表紙でも面白かったかなぁ、という印象です。五月蠅くなりすぎそうですが。

DSC02993.jpg

さて、こちらは「澪ペーパー」ノートということで、コクヨの澪ペーパーを使用している模様です。

澪ペーパーとは、2007年くらいにコクヨから登場した紙で、「Mobile Ideal Original writing PAPER」の頭文字を取って、「MIOペーパー」と名付けられたものです。コクヨのウェブページによると、

“携帯性が良く『書く』に理想的なオリジナル筆記用紙”の頭文字をとった筆記用製品群の呼称です。

とあります。比較的薄い紙質に、さらさらとした気持ちいい手触りが特徴の紙で、ゲルインクボールペンに最適、といううたい文句で紹介されていました。

実際使ってみると、乾きもいいですし、さわり心地もよいということで、私自身かなりお気に入りのノートです。

澪ペーパーを使った商品では、「キャンパスハイグレード」のキャンパスノートが発売されました。

DSC03007.jpg

今見ても、いいデザインの表紙だと思うんですけどね。

ただ、その翌年に大ヒット商品となった「東大生ノート」が発売されたことで、それほど目立つこともなく今にいたっている印象があります。

個人的には、東大生ノートのフォーマットで澪ノートが出てくれないかなぁ、と思っていたのですが、結局出ませんでしたねwついでに言うと、アニメけいおん!の大ヒットが2009年で、その時にコラボでノートを出してくれないかなぁ、何て思っていたのですが、当然出ませんでしたw劇場版の時機だったら可能性もあったのかもしれませんが、今となっては考えても仕方ないことです。

閑話休題。澪ペーパー自体はまだ作られているようで、こちらの田舎の方では殆ど見かけなくなりましたが、コクヨS&Tショーケースではまだ販売されているようです。最近だと、「ジブン手帳」の「LIFE」に使用されていたりもしました。

DSC03010.jpg

また、一部店舗の限定商品として、方眼ノートの澪ノートが発売されていたようです。

さて、そんな中発売されていたこのノート。

DSC02995.jpg

色々書いてしまっていますが(’-’*) 方眼ノートとなっています。ただ、横はすべて方眼が書かれていますが、上下は約1.6センチメートルほど余白となっています。

上に書いているのが、このノートのコンセプトになっています。汚い字ですみません(^_^;)

万年筆に合う紙を使ったノートと言えば、MDノートやMONOKAKI、ツバメノート、(異論はありそうですが)ノーブルノートなど、多くのノートがある中、澪ペーパーを使ったノートを出した、というところが、個人的にはおもしろいと思いました。

スキャナで取り込んでみました。

img017.jpg

失敗の図orz 改めて

img018.jpg

一応、上から2行が「松露」
「コンセプトは〜演出してあります」までが「月夜」
「紙質は〜お使いください」までが「パイロット ブルーブラック」
「発売日〜840円」までが「KOBE Ink物語 フェルメール・ブルー」になります。

かなり煮詰まっているフェルメールブルーで書いた部分で少し髭が出ましたが、そのほかの部分はにじんだりもせずに書くことができました。

img019.jpg

うらから。少し透けて見える部分がありますが、抜けはありませんでした。

DSC03000.jpgDSC03004.jpg

ただ、実際に見るとそれほど気にならない程度の見え方かな、という印象です。ここら辺は、さすが澪ペーパーといった印象です。書き心地もいいです。

紙は澪ペーパーで問題なし。表紙もシックでいいと思いますが、ここからは弱点を。

DSC02996.jpg

おそらく澪ノートと同じ無線とじじゃないかな?と思うのですが、パタンとは開きません。

DSC02998.jpg

これだけ開けば問題は無いかな?とは思いますが、使っていくうちに気になるところかも知れません。

また、表紙ですが普通より少し厚い厚紙?といった感じのものになっていて、耐久性という面では若干の不安が残りそうです。もっとも、ノートカバーを使えば問題ないことかも知れませんが。

澪ペーパーは質の良さの割に知名度がない、という印象で寂しく思っていた私からしたら、今回のノートはなかなか魅力的な商品でした。お金があったら、店頭にあったノートを全部買いたいくらいでした(^^ゞ とりあえず、暫くしたらまた買い足しておきたいと思っています。

惜しむらくは、石丸文行堂130周年記念、ということで多くは出回らない、ということです。このデザインなら、買ってくれる人も少なくはないのではないか、と思うのですが。おそらく、店頭でしか手に入らないのではないか、と思います。

限定があるのか、どの程度発売するのか分かりませんが、願わくば石丸文行堂のオリジナル商品、と言う形で販売し続けてくれたら、と思いました。というか、もう少し澪ペーパーの商品が広まって欲しいと思います。

こちらが石丸文行堂の商品紹介ページです→http://www.ishimaru-bun.co.jp/note/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます